カンボジアの実習生について

カンボジアの実習生について

カンボジア国内での日系企業への就労や実際に日本へ来日して長期に渡って就労を希望しているカンボジアの実習生を受け入れている職業訓練センターがカンボジアの首都プノンペンに有り、実習生の平均年齢は25歳と若い人が多く、政府が積極的に支援しています。

人には聞けない珍しいカンボジアの実習生情報を網羅した総合サイトです。

日本語を教えている教師は日本人が多く、個人の理解力に合わせて初級から上級クラスまでの様々なコースが用意されており、希望すれば日本語能力試験の資格を習得出来るようになっています。
日本語でのやりとりが苦手だったり、日本人と一緒の生活だとカルチャーショックを受けやすいですので、実習生が実習中の生活においての心のメンタルケアが出来るように英語やカンボジアの母国語であるクメール語が話せたり理解出来るサポートスタッフを在籍させています。


実際に企業へ就職して支障が出ないように約半年の日本語教育と一緒に日本での教養やビジネスマナーが身に付くようになっています。



就職先としては、建設業、機械や金属を扱う製造業、食品加工業、アパレル関係、農業など多数の業種と職種が有り、長年に渡って実際に就職して現地で活動している実習生が多数います。


実際に実習生が就労するまでの流れとしては、カンボジアと提携している組合に加入する事から始まり、各企業とのニーズに基づいて候補者を選出して職業訓練センターでの現地講習を修了後、組合による入管申請、日本大使館・領事館でのビザ申請を行った後、日本に来日しての就労生活が始まります。



  • 意外な事実

    • 日本国内における外国人労働者のあり方について長年いろんな角度で協議されていましたが、2016(平成28)年の11月末に技能実習生に関しては従来の最長3年に、新たに2年加算され最長5年間の新法案が可決成立しました。また、外国人技能実習生は経済大国である日本の技術を学ぶ母国の発展に貢献することを目的としているのと区別されている、外国人建設就労者に関しても同様に認められたことで、今後受け入れ側に評価が高いカンボジアの若い人たちに期待が集まります。...

      detail
  • 教育の補足説明

    • 2016年(平成28)年の11月に外国人技能実習生制度が条件を満たすことで2年延長の最長5年間の内容で、国会にて可決成立し、従来の農業や漁業、製造業などに加え介護の仕事でも受け入れることができるようになりました。また、外国人建設就労者の受入も同じく最長5年になったことで、日本側の受け入れ先からの評判が良いカンボジアの実習生に注目が集まっています。...

      detail
  • 皆が知りたい情報

    • 近年の雇用市場では、雇われる側の就活生が企業を選びやすいという、いわゆる売り手市場となっています。そのため、企業は一人でも多くの人材を確保するために様々な工夫を施しており、それは徐々に外国人労働者が多く雇われ始めていることにも現れています。...

      detail
  • 教育の特徴

    • 技能実習生制度の延長が、2016(平成28)年の11月末の国会で可決成立して、今後もさらに日本の労働力不足を補うために注目される中、特にカンボジアの若い人たちに人気が集まっています。技能実習制度において日本で3年間働くことができましが、新法案により優良な団体は2年延長期間が認められ、一部条件によっては3年も可能とのことで、人手不足に悩まれている地域にとってはうれしいニュースです。...

      detail